2009年10月20日火曜日

関節リウマチ 新規分類基準 (?Philadelphia criteria)

【速報 1】
----------------------------------------------------------------------------------------------------
必須項目: 少なくとも1関節の滑膜炎(臨床所見または
US/MRIによる)
その他の疾患で説明することがおそらくできない症
状・徴候
(診断未確定炎症性関節炎)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
関節症状(0ー5)
1つの中大関節 0
2〜10の中大関節 1
1〜3の小関節 2
4〜10の小関節 3
>10個の関節(少なくとも1つの小関節) 5

リウマトイド因子・抗CCP抗体(0ー3)
RF・抗CCP抗体いずれも陰性 0
どちらか片方が低い値の陽性 2
どちらか片方が高い値の陽性 3

滑膜炎の持続期間(0ー1)
<6週 0
≥6週 1

ESR・CRP (0ー1)
ESR・CRPいずれも陰性 0
ESR異常もしくはCRP異常 1
----------------------------------------------------------------------------------------------------
スコア6点以上:"definite RA' (RA確実) を示す
必須項目を見たし、かつ、X線で典型的なRAの骨びらん
が証明された場合、RAに分類する

リウマトイド因子・抗CCP抗体の高値・低値の定義;
正常 ≤正常上限
低値陽性 <正常上限、≤正常上限の3倍
高値陽性 ≥正常上限の3倍

関節症状;
少なくとも1関節での滑膜炎の存在することが必須
関節症状には関節の圧痛と腫脹が含まれる
変形性関節症との重複を避けるため、DIP、母指CMC、
第1趾MTP関節は含まない

小関節; MCP、PIP、第2〜5趾MTP、母指IP、手首
中大関節; 肩、肘、股、膝、足首
----------------------------------------------------------------------------------------------------
(抄訳:松井和生先生@亀田総合病院)


【速報 2】
<<<必須項目>>>
・1箇所以上の滑膜炎の証明(臨床的もしくはUS/MRIで)
・他疾患で説明しづらい症状・徴候(診断未確定炎症性関節炎)
これが前提となった上で
・画像上で典型的なRAのerosionがあれば⇒RAと診断する
・画像上で典型的なRAのerosionがなければ⇒RAの新基準に当てはめる

*******<<合計6点以上でdefinit RA)>>>*******
■罹患関節(Joint Involvement) ■
①滑膜炎を疑わせるような腫脹はもちろん圧痛、自発痛が評価時にあれば罹患していると考える。
②DIP、1st CMC、1st MTPは除外する。
③MCPs、PIPs、MTP 2-5、1st IP、手首をSmallと定義する。
④肩、肘、股関節、膝、足首をMedium-largeと定義する。
上記①~④を前提として
罹患関節が少なくともSmallを1箇所以上含む10箇所以上なら5点
・4~10箇所のSmallの罹患があれば3点
・1~3箇所のSmallの罹患があれば2点
・2~10箇所のMedium-largeの罹患があれば1点
■血清マーカー(Serology) ■
・RFまたは抗CCP抗体が高値陽性(>正常上限の3倍)なら3点
・RFまたは抗CCP抗体が低値陽性(正常上限の3倍以下で陽性)なら2点
■滑膜炎の期間(Duration of Synovitis) ■
・6週間以上なら1点
■急性期反応(Acute Phase Reactants) ■
・CRPまたはESRが陽性なら1点
********************************************************
(by 清水久徳先生@聖路加国際病院)

速報1, 2は同じPresentationの要約です。

1 件のコメント:

Kazuo Matsui さんのコメント...

私の翻訳は直訳で、清水先生の翻訳は、よりdecision treeに従って、わかりやすい印象です。

関節症状ではなく、罹患関節が正しいです。血清診断の低値陽性の不等号が一部逆さまです。
スイマセン、訂正お願いします。