2013年2月12日火曜日

リウマチ・膠原病ウィンターセミナー 2013

16日 11:00~18:00 
Meet The Attendings 11:00~12:00 (事前登録制)
「膠原病疑いへのアプローチ」
 聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(SLE,関節リウマチ,小児リウマチ) 岡田 正人 先生
「不明熱へのアプローチ」    東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科 高田 和生 先生
「関節炎からのアプローチ」 聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(SLE,関節リウマチ,小児リウマチ)  岸本 暢將 先生

講演1:13:00~13:30 「患者さんと考える関節リウマチの治療」
 聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(SLE,関節リウマチ,小児リウマチ) 岡田 正人 先生 
講演2:13:30~14:10 「膠原病診療に必要な最低限の免疫学」
東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科 高田 和生 先生 
特別講演1:14:10~15:00
座長:東京医科歯科大学  膠原病・リウマチ内科 高田 和生 先生
「リウマチの手術と整形外科の方が得意なリウマチ疾患」
三井記念病院 整形外科 部長 仲村 一郎 先生 

休憩(10分)
講演3:15:10~15:50 「膠原病の血液障害」 沖縄県立中部病院 内科 金城 光代 先生 
特別講演2:15:50~16:40
座長:亀田総合病院 リウマチ膠原病内科 松井 和生 先生
「臨床疫学 こんな研究がしたかった編」
 京都大学大学院医学研究科 医療疫学分野 教授 福原 俊一 先生

休憩(10分)

講演4:16:50~17:20 「小中血管炎」
 亀田総合病院 リウマチ膠原病内科 松井 和生 先生 
講演5:17:20~17:50 「反応性関節炎」
 聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(SLE,関節リウマチ,小児リウマチ)  岸本 暢將 先生

 質問カードディスカッション:17:50~18:00 

『Year-in-Review(岡田正人先生、岸本暢蒋先生)・症例検討会』 18:20~19:20
会場:エスペランス

情報交換会 19:30-20:30


 17日 9:00~17:00
講演6:9:00~9:30 「ベーチェット病」
聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(SLE,関節リウマチ,小児リウマチ)  岸本 暢將 先生 
講演7:9:30~10:10 「不明熱 症例ベース」
 帝京大学ちば総合医療センター 血液・リウマチ内科 萩野 昇 先生

休憩(10分)

講演8:10:20~10:50 「膠原病患者が飲んでいるサプリと漢方」
JR東京総合病院 リウマチ・膠原病科 津田 篤太郎 先生 
特別講演3:10:50~11:40
座長:帝京大学ちば総合医療センター 血液・リウマチ内科 萩野 昇 先生
「膠原病性間質性肺炎」 聖路加国際病院  呼吸器内科 仁多 寅彦 先生

 『昼食』12:00~13:00 「症例画像検討会」  亀田総合病院、他 会場:レストランエスペランス 

講演9:13:20~13:50 「小児リウマチ性疾患」
 聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(SLE,関節リウマチ,小児リウマチ)  山口 賢一 先生 
講演10:13:50~14:20 「大血管炎」
 都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科 横川 直人 先生 
特別講演4:14:20~15:10
座長:聖路加国際病院 リウマチ・膠原病科 岡田 正人 先生
「ループス以外の膠原病性腎障害」
 中部労災病院 リウマチ膠原病科 副院長 藤田 芳郎 先生

休憩(10分)
特別講演5:15:20~16:10
座長:聖路加国際病院 アレルギー・膠原病科 岸本 暢將 先生
「膠原病の皮膚症状 少し上級編」
 聖路加国際病院 皮膚科 部長 衛藤 光 先生
 講演11:16:10~16:40 「膠原病の検査と診断」
 聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(SLE,関節リウマチ,小児リウマチ) 岡田 正人 先生 

質問カードディスカッション:16:40~17:00

2011年11月23日水曜日

リウマチ膠原病ウィンターセミナー@聖路加 2012.02.04-05


例によって例のごとく早いもの勝ちです。

参加希望の方は
winterrheumatology(アットマーク)gmail.com 宛に
件名:ウィンターセミナー参加登録
本文:都道府県、ご所属施設名、お名前
をお送り下さい。

締め切り後、1-2週間以内に登録完了の確認メールが届きます。
定員(150人)を超えてしまった場合は、その旨のメールを差し上げます。申し訳ございません。


~1日目プログラム~
2012年2月4日 12:45~18:00
12:45~13:00
製品情報 田辺三菱製薬株式会社
開会のご挨拶
講演1:13:00~13:30
「関節リウマチの診断と治療」
聖路加国際病院  アレルギー膠原病科(成人,小児)  岡田 正人 先生
講演2:13:30~14:00
「リウマチ性疾患の検査:自己抗体を中心に」
帝京大学ちば総合医療センター 血液・リウマチ内科  萩野 昇 先生
講演3:14:00~14:30
「抗リン脂質抗体症候群」
東京医科歯科大学  膠原病・リウマチ内科  高田 和生 先生

休憩(10分)

特別講演1:14:40~15:30
『関節リウマチの手術療法について~知っておきたい基礎~』
湯河原厚生年金病院 リウマチ科部長   仲村 一郎先生
講演4:15:30~16:10
「リウマチ性疾患の消化器症状」
沖縄県立中部病院  内科         金城 光代 先生
休憩(10分)
講演5:16:20~17:00
「全身性硬化症」
東京医科歯科大学  膠原病・リウマチ内科  高田 和生 先生
講演6:17:00~17:30
「早期関節炎」 
亀田総合病院    リウマチ・膠原病内科  松井 和生 先生
講演7:17:30~18:00
「脊椎関節炎」
聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(成人,小児)  岸本 暢将 先生
18:00~18:15 質問カードディスカッション

18:30~21:00『意見交換会 & Year-in-Review & 症例検討会』      
会場:聖路加国際病院 1階 レストランエスペランス


~2日目プログラム~
2012年2月5日 8:45~17:00
8:45~9:00
製品情報 田辺三菱製薬株式会社
開会のご挨拶
講演8:9:00~9:35
「ベーチェット病」
聖路加国際病院 アレルギー膠原病科(成人,小児)  岸本 暢将 先生
講演9:9:35~10:00
「関節リウマチの検査と評価」
都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病内科  横川 直人 先生

休憩(10分)

講演10:10:10-10:40 
「痛風」
沖縄県立中部病院  内科         金城 光代 先生                  
講演11:10:40~11:20
「リウマチ疾患と鑑別が必要な非-リウマチ性疾患」
帝京大学ちば総合医療センター 血液・リウマチ内科  萩野 昇 先生
講演12:11:20~11:50
「血管炎」 
亀田総合病院    リウマチ・膠原病内科 部長   松井 和生 先生

『昼食』12:10~13:10               
「膠原病画像と症例検討会」
会場:レストランエスペランス

特別講演2:13:20~14:10
「臨床研究事始め:症例報告から一歩前へ!」
京都大学 臨床疫学 教授              福原 俊一 先生
特別講演3:14:10~15:00
「成人発症Still病」
ナショナルメディカルクリニック          上野征夫 先生

休憩(10分)

特別講演4:15:10~16:00
周産期におけるリウマチ膠原病関連薬剤選択とその注意点
国立成育医療センター 母性医療診療部部長      村島 温子 先生
講演13:16:00~16:30
「ステロイドと免疫抑制薬の使い方」
聖路加国際病院   アレルギー膠原病科(成人,小児)  岡田 正人 先生
質問カードディスカッション:16:30~17:00

2010年11月3日水曜日

2011.01.15-16 リウマチ・膠原病ウィンターセミナー プログラム(暫定版)

2011年1月15日(土曜日) 聖路加看護大学講堂 12:45pm-6pm
12:45-1:00 「レミケード点滴静注用100について」 田辺三菱製薬 薬剤説明

関節リウマチの診断と活動性の評価~治療目標を持とう~ 
  聖路加国際病院 岸本暢将 (35分)
リウマチ性疾患におけるステロイドの使い方       
  東京大学 萩野昇(40分)
筋力低下と呼吸困難~膠原病診療において持つべき視点~ 
  東京医科歯科大学 高田和生 (40分)
休憩 (10分)  14:55-15:05

特別講演1.
膠原病の皮膚病変                
  聖路加国際病院 衛藤光(60分)
リウマチ性多発筋痛症とステロイド誘発性骨粗鬆症
  沖縄県立中部病院 金城光代(40分)
休憩 (10分) 16:40-16:50

早期関節炎の診断とマネジメント            
  亀田総合病院 松井和生(35分)
シェーグレン症候群とシェーグレン病          
  聖路加国際病院 岡田正人 (30分)
質問カードディスカッション
終了 18:00

聖路加国際病院1階レストランエスぺランス 18:30-最長22:00まで 
画像と症例検討会(聖路加&自由参加)SLE、血管炎、全身性硬化症、脊椎炎、感染症など

2010年1月16日(日曜日) 聖路加看護大学講堂 午前 9pm-12:15pm
関節リウマチの検査と治療               
  聖路加国際病院 岡田正人(35分)
内分泌疾患による筋骨格症状             
  多摩医療センター 横川直人(35分)
休憩 10:10-10:30

特別講演2
膠原病の肺病変 HRCTをどう読むか          
  聖路加国際病院 仁多寅彦(50分)
リウマチ膠原病における漢方クックブック2       
  北里大学 津田篤太郎(45分)

聖路加国際病院1階レストランエスペランス 12:30-13:45
画像と症例検討会(亀田) SLE、血管炎、全身性硬化症、脊椎炎、感染症など

16日 聖路加看護大学講堂 午後 2pm-5pm
特別講演3
臨床研究のはじめ方          
  京都大学臨床疫学 教授 福原俊一(50分)
小児リウマチ性疾患                 
  聖路加国際病院 山口賢一(40分)
休憩 15:30-15:40

ANCA関連血管炎の治療                 
  亀田総合病院 松井和生(35分)
外来コミュニケーション                
  聖路加国際病院 岸本暢将(35分)
質問カードディスカッション
終了 17:00

リウマチ・膠原病ウィンターセミナー 2011.01.15-16



昨年同様に1日半でリウマチ膠原病全般のUptodateが確認でき、学生さんから指導医の先生まで色々な視点で楽しんでいただけるようなセミナーを目指しています。

今回は、前回好評だったアンサーパッドを用いた参加型セミナーをより多く組み込みます。前回はほんの一部だけでしたが、今年はすべてのセミナーでアンサーパッドが使用可能な予定です。講師の先生の準備によりますが、過半数のセミナーが参加型になる予定です。

また、セミナーはコモンディジーズを主にして、比較的まれな疾患は1日目の夜と2日目の昼の症例検討でケーズベースで取り上げます。1日目は聖路加から4症例ほどとその疾患のレビューをしますが、時間がゆったりとあるので持ち込み症例(診断のついているものもついていないものもディスカッションンできるような症例であればお願いします)も歓迎です。事前にご連絡いただければ、スケジュールに組み込みます。

特別講演では、膠原病の皮膚病変の大家の衛藤先生にお出ましいただきます。また、リウマチ医のために肺障害研究会、メディチーナの連載などで有名な仁多先生に膠原病肺をぶった切りにした講義をお願いしています。
京都大学の福原先生には臨床研究の始め方に関してご講義いただきます。

参加費は、1日3000円ですが、2日間参加のの方は1日目に6千円で2日間パスのネームカードと引き換えになりますので、昨年のように2日目の朝の混雑は避けられると思います。1日目の立食夕食症例検討会と、2日目の立食昼食症例検討会も含まれますが、食事はなくなり次第となります。足りなかったことは今まではありません。

参加登録は
winterrheumatology@gmail.com
まで、メールでお願いいたします。

収容可能人数になってしまった場合は、登録受付を終了しますので予定の決まっている先生は早めにお願いいたします

2010年10月1日金曜日

関東内科カンファレンス: Ustream配信につきまして

以下のアカウントから配信いたします。
http://www.ustream.tv/user/Noboru_Hagino
番組タイトル予定:kantonaika_20101002
10月2日 18:00-21:00

症例検討会ですので、
・プライベート配信になります(要パスワード)
・ソーシャルストリーム(Twitter, Facebookなど)は無し、チャットのみでのやりとりになります。
《チャットに参加するためにはUstreamアカウントが必要です》

プライベート配信視聴用のパスワードにつきましては
件名を「パスワード希望」として、
kantonaika@gmail.com
までMail下さいませ。
(お返事は10月2日正午以降になる予定です)

10月15日付記:委託業者の不手際により今回Ustream配信は行われませんでした。
Twitter上での実況は
http://togetter.com/li/55851#oauth
からご参照下さいませ。

2010年9月28日火曜日

関東内科カンファレンス(ファイナル)のご案内 ver. 2.0

過去5回ご好評を頂きました「関東内科カンファレンス」ですが、今回も以下のような次第で行う予定となりました。若手医師主体で、臨床推論過程を重視した、内科全域にわたるディスカッション(が出来ればいいな…)を主眼としたカンファレンスです。
今回(第6回)で足がけ3年間 当カンファレンスを主宰してきましたが、カンファレンス運営方針を見直すため、今回で一旦おしまいとする予定です。

ファイナルということもあり、皆様からご要望の多かったUstream配信も予定しております。
(詳細はまた当Blogでお知らせいたします)

今回のKISS lecture(KISS:Keep It Stupid Simple)は:
 「手は口ほどにモノを言う~リウマチ・手の診断学」
特別講演は:
横浜市立大学 市民総合医療センター 総合診療部 長谷川修 先生による
"la main neurologique"です。

日時: 10月2日(土)午後6時30分~
場所: アステラス製薬東京本社別館信和ビル 6階会議室
東京都中央区日本橋本町2-2-10

進行
18:00- 薬剤説明
KISS lecture 「手は口ほどにモノを言う~リウマチ・手の診断学」

症例検討
1:聖路加国際病院 内科
「呼吸困難で受診した80代女性」
2:亀田メディカルセンター 総合診療科・感染症科
「熱中症ではありません」


特別講演 "la main neurologique"

(休憩)

3:東大病院
未定:「間質性肺炎の精査中に急変した60代女性」もしくは「脳梗塞を繰り返す30代女性」

終了:21時頃
〔協賛: アステラス製薬〕

コンセプトはこれまでと同様で、「あいまいで、決着がつかなかった症例も積極的に取り上げる」という方針です。A4サマリーにつきましては、希望者のみ配布にしています。

近々のご連絡になって大変恐縮ですが、多くの先生方のご参加をお待ちしております。

2010年9月20日月曜日

第6回 関東内科カンファレンスのご案内

過去5回ご好評を頂きました「関東内科カンファレンス」ですが、今回も以下のような次第で行う予定となりました。若手医師主体で、臨床推論過程を重視した、内科全域にわたるディスカッション(が出来ればいいな…)を主眼としたカンファレンスです。
今回(第6回)で足がけ3年間 当カンファレンスを主宰してきましたが、カンファレンス運営方針を見直すため、今回で一旦おしまいとする予定です。

今回のKISS lecture(KISS:Keep It Stupid Simple)は「手は口ほどにモノを言う~手の診断学」です。特別講演は現在依頼中です…

日時: 10月2日(土)午後6時30分~
場所: アステラス製薬東京本社別館信和ビル 6階会議室
東京都中央区日本橋本町2-2-10

進行
18:30- 薬剤説明
KISS lecture 「手は口ほどにモノを言う~手の診断学」

症例検討
1:聖路加国際病院 内科
2:亀田メディカルセンター 総合診療科・感染症科

特別講演 未定

(休憩)

3:未定

終了:21時頃
〔協賛: アステラス製薬〕

コンセプトはこれまでと同様で、「あいまいで、決着がつかなかった症例も積極的に取り上げる」という方針です。A4サマリーにつきましては、希望者のみ配布にしています。

近々のご連絡になって大変恐縮ですが、多くの先生方のご参加をお待ちしております。